あなたにとっての究極の一枚を探そう!

クレジットカードの5大国際ブランド

クレジットカードには、世界にまたがって使用できる国際ブランドがあります。

ここでが、世界にたった5つしかない国際ブランドについて、詳しく各々のクレジットカード比較しつつ、ご紹介します。

まず、その5つとは、「JCB」「VISA」「マスターカード」「アメリカンエクスプレス」「ダイナーズクラブ」の5ブランドです。

それではあなたが選ぶべきパーフェクトクレジットカードのために、そのそれぞれについての概要を見て行きましょう。

5大国際ブランドの特徴

ブランド№1:日本のサムライカードJCB

世界で5つしかない国際ブランドの中に、日本のクレジット会社が入っています。それが「JCB」です。日本では最大の加盟店を誇るJCBですが、残念なことに、やはり海外では利用できない場合も多くあります。ただし、日本人がよく行くようなハワイや韓国といった場所では、かなり使えるカードではあります。もし海外での利用を考えるのであれば、VISAかマスターカードをおすすめします。しかし、クレジットカード審査が厳しめで、取得しづらいという難点があります。

ブランド№2:世界通貨VISA

VISAカードといえば、まず三井住友VISAカードを思う浮かべる方も多いのですが、三井住友=VISAではありません。もっとも早くVISAと提携し、VISAブランドを推進していったために、そうした印象があるのでしょう。また、VISAは、クレジット発行会社ではありません。あくまでもVISAインターナショナルという機関が管理する「VISA」という決済機関です。つまり、自社クレジットカードは持っていないということです。世界レベルで加盟店が多く、決済機関としては非常に人気があります。

ブランド№3:プライスレスのマスターカード

マスターカードも、概要はVISAと同様だと考えて下さい。一般的にはマスターカードは、ヨーロッパ方面で強い傾向があります。アメリカ方面では、VISAが優勢と言われています。国際ブランドの中でも、二大巨頭といえるでしょう。

ブランド№4:T&Aのアメックス

アメリカン・エキスプレス・カードは、トラベル&エンターテインメント(T&A)に強い富裕層向けのクレジットカードと、世間では言われています。加盟店は公表されていません。日本では、JCBと加盟提携をしているため、かなりの店舗で利用できますが、すべてのJCB加盟店で利用できるわけではないので、注意しましょう。

ブランド№5:セレブ御用達ダイナースクラブA

ダイナーズクラブも、富裕層向けの国際ブランドです。ワンランク上のサービスに加え、なかなか取得が困難なクレジットカードなので、特に男性に人気が高いおすすめのクレジットカードです。シティバンク銀行に口座があれば、非常に簡単に取得できますが、そもそもシティバンクに口座があるような方は、富裕層の方でしょう。”

以上が5大国際ブランドの特徴です。
あなたに相応しい、選ぶべきパーフェクトクレジットカードは見つかりましたか?

最新記事