要件⑤クレジットカード付帯保険の充実度

求められるクレジットカード付帯保険のクオリティ


年会費がかかるクレジットカードには、付帯保険と呼ばれるさまざまな保険サービスがついています。
クレジットカードにより、内容や条件、保険の種類は異なりますが、原則、クレジットカードを所持していれば、自動的に無料でついてくる保険ですので、通常であれば、使用に際して特に必要な手続きはありません(ただし、保険開始手続きが必要なカードも中にはあります)。

付帯保険の種類は4つ

多くのクレジットカードのついてくる付帯保険は、大まかに4つに分けることができます。それは、「海外旅行損害保険」「国内旅行損害保険」「ショッピング保険」「盗難・紛失保険」の4つにあります。

保険①海外旅行傷害保険

海外旅行損害保険については、あまり海外に行くことがない方にとっては必要ない保険ですが、海外旅行の時に助けてくれる保険で、海外で事故に遇った場合や病気のなってしまった時に、その損害(医療費)をクレジット会社が負担してくれるというものです。

保険②国内旅行傷害保険

国内旅行損害保険とは、海外旅行損害保険と同様に、国内旅行中の損害(医療費)を負担してくれるというありがたい保険です。海外旅行の保険と比べると、保険適用の条件が厳しくなっていますが、事故や長期入院の際には、クレジットカード保有者を助けてくれるために、旅行好きの方には頼もしい存在といえます。

保険③ショッピング保険

また、買い物もクレジットカードで支払いをするだけで、保険がかけられています。ショッピング保険は、クレジットカードで何か商品を購入すると、その購入した商品に対して、自動的にかけられる保険です。購入した商品が壊れてしまったり、盗難にあった場合などに、その損失を助けてくれます。

保険④盗難・損害保険

盗難保険は、日本で発行されているクレジットカードには、100%ついている保険です。万が一、カードを失くしてしまったり、盗まれてしまった場合には、発生した損害をカバーしてくれますので、安心してクレジットカードを使うことができます。”